【2021年】ペルセウス座流星群岩手県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

ペルセウス座流星群 岩手 見頃 時間帯 方角 オススメスポット 流星群

こんにちは!

いよいよペルセウス座流星群が見られる季節がやってきました!

月明かりもないので、今年は多くの流星が見られそうだと言われています。

リアス式海岸と美しい自然で有名な岩手県には、星空を眺めるのにぴったりのスポットがたくさんあります!

この記事では

  • ペルセウス座流星群の岩手県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 岩手県でペルセウス座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容でまとめています。

結論から言うと、ペルセウス座流星群は岩手県では8月13日未明、または13日夜から14日深夜がピークで、基本的にはどの方角でも見ることができます。

オススメスポットについては、自然と星空どちらも堪能できるオススメスポットを3つ紹介します!

【2021年】ペルセウス座流星群岩手県の見頃時間帯や方角

2021年のペルセウス流星群は、7月下旬から8月下旬にかけて活発になり、8月13日午前4時頃(前後する場合があります)に極大(ピークの見頃)となる予想です。

時間帯は岩手県であっても大きく変わりはないですね。

見頃のタイミングは、12日夜から放射点が高く昇る13日未明、または13日夜から14日深夜頃となります。

ちょうどお盆でお休みのタイミングです!夜中まで起きてても大丈夫ですね!笑

今年は月齢が4、つまりめちゃくちゃ細い三日月くらいの時期にピークの見頃を迎えます。

なので月明かりがほぼなく、空が暗い状態のため流星群がよりキレイに観測できるというワケなんですね!

こんなに良い条件でペルセウス座流星群が観れるのは実に8年ぶりとのこと。

これはなかなかない観測チャンスですよ〜!

また、岩手県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えるんです!

へぇ〜と思ったそこのあなた!私も思いました。笑

ペルセウス座流星群は、全天にまんべんなく流れるのが特徴なんですね。

流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

見えにくい場合は放射点のある北東の空を中心に、ひろ〜く見てみてくださいね。

【2021年】ペルセウス座流星群岩手県のおすすめスポット3選

2021年のペルセウス座流星群を岩手県で見るのにおすすめのスポットとして、自然と星空どちらも堪能できるスポットを3つあげています。

ひろのまきば天文台(洋野町)

1つ目に紹介するスポットは、洋野町のひろのまきば天文台です。

八戸自動車道軽米ICから約30分で到着します。

眩いくらいの天の川ですね!天文台の雰囲気とも抜群にマッチしてます。

場所の概要を表にまとめておきます。

名称ひろのまきば天文台
住所岩手県九戸郡洋野町大野第66地割8-142
駐車場約20台
特徴環境省「最も暗く星が見やすい地点」選出
星空教室が開かれている
標高706m
地図Google Mapで見る

牧場の中に建てられた天文台で、高台にあり周囲が360度開けています

2007年に環境省から「日本一の星空観察適地」に選出された、天体ファンに有名なスポットです!

天文台では星空教室が定期的に開催されていて、分かりやすいと好評です。

初心者でも星空のことを学べるのがうれしいですね。

岩手山焼走り国際交流村 (八幡平市)

 2つ目に紹介するスポットは、八幡平市にある岩手山焼走り国際交流村です。

東北自動車道の岩根ICから15分の場所にある、人気のキャンプ場です。

息を吞むほどきれいな星です!めちゃくちゃ空広いですね〜。

概要はこちらです。

名称岩手山焼走り国際交流村
住所岩手県八幡平市平笠第24地割728
駐車場約100台分
特徴広大なキャンプ場
敷地内に天文台もある
溶岩流を観察できる
地図 Google Mapで見る

江戸時代の噴火時の溶岩流も見学できる、ユニークなキャンプ場です。

空気が澄んでいるので、夜は降るような星空を楽しめます。

敷地内には天文台もあって望遠鏡からも星を眺めことができます。

友達同士や1人でキャンプを張って、じっくりと流星群を堪能したいですね!

浄土ヶ浜 (宮古市)

3つ目に紹介するスポットは、大子町にある浄土ヶ浜(じょうどがはま)です。

宮古盛岡横断道路の宮古港ICから8分と、アクセスが良い場所にあります。

岩と星が幻想的ですね!

名称浄土ヶ浜
住所岩手県宮古市日立浜町32 
駐車場約340台
特徴東北有数の天体観測スポット
三陸復興国立公園の中心部
奇岩で有名な景勝地
地図Google Mapで見る

独特のかたちをした岩と、広々とした美しい海で知られている景勝地です。

周囲に灯りがなく綺麗な星空が見られるので、県外からも天体ファンが多く訪れるスポットです。

眩いほどの星空に照らされた海と岩々を、時間をかけてゆっくりと眺めたいですね!

注意点としては、駐車場からの道は真っ暗ですので、ライトなどを持参しましょう。

まとめ

2021年のペルセウス座流星群岩手県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は7月下旬から見れるが、8月12日夜から13日未明、または13日夜から14日深夜が見頃の時間帯
  • 流星群は基本的にどの方角でも見える、北東を中心に広く空を見るのがポイント

岩手県の、自然と星空どちらも堪能できるオススメスポット3選は

  • ひろのまきば天文台 (洋野町)
  • 岩手山焼走り国際交流村(八幡平市)
  • 浄土ヶ浜  (宮古市)

といった感じです!

今年は過去数年で最もキレイにペルセウス座流星群が観れるかもしれない貴重な年なので、皆さんの期待も大きいことでしょう。

お住まいの地域に近い場所でペルセウス座流星群を見に行ってみてくださいね。

まだまだコロナには注意が必要なので、お互いに気をつけて楽しく観測をしましょう。

今回は以上です!ありがとうございました〜。

流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました