【2021年】ペルセウス座流星群徳島県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介! 

ペルセウス座流星群 徳島 見頃 時間帯 方角 おすすめスポット 流星群

こんにちは!

阿波踊りで有名な徳島県ですが、なんと2021年の阿波踊り開催期間中に、ペルセウス座流星群が見られるというのはご存知ですか?

そして、8年ぶりに好条件で見られる恵まれた年なので、これはもう見ないと損ですよね!

この記事では

  • ペルセウス座流星群の徳島での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 徳島でペルセウス座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容でまとめています。

結論から言うと、ペルセウス座流星群は徳島では8月13日午前4時ごろに極大となり、前後数時間にわたり活発に見られると予測されます

どの方角でもまんべんなく見えますので、12日夜中〜14日深夜までの時間帯を狙いましょう!

オススメスポットについては、光が少なく広く見渡せる場所を紹介します!

【2021年】ペルセウス座流星群徳島県の見頃時間帯や方角

2021年のペルセウス流星群は、7月下旬から8月下旬にかけて活発になり、8月13日午前4時頃(前後する場合があります)に極大(ピークの見頃)となる予想です

時間帯は徳島であっても大きく変わりはないですね。

見頃のタイミングは、12日夜から放射点が高く昇る13日未明、または13日夜から14日深夜頃になります。

ちょうどお盆でお休みのタイミングです!夜中まで起きてても大丈夫ですね!笑

今年は月齢が4、つまりめちゃくちゃ細い三日月くらいの時期にピークの見頃を迎えます。

なので月明かりがほぼなく、空が暗い状態のため流星群がよりキレイに観測できるというワケなんですね!

こんなに良い条件でペルセウス座流星群が観れるのは実に8年ぶりとのこと。

これはなかなかない観測チャンスですよ〜!

また、徳島でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えるんです!

へぇ〜と思ったそこのあなた!私も思いました。笑

ペルセウス座流星群は、全天にまんべんなく流れるのが特徴なんですね。

流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

見えにくい場合は放射点のある北東の空を中心に、ひろ〜く見てみてくださいね。

【2021年】ペルセウス座流星群 徳島のおすすめスポット3選

2021年のペルセウス座流星群を徳島県で見るのにおすすめのスポットとして、光が少なく落ち着いてみられるところを3つあげています。

那賀川出合ゆず大橋(那賀郡)

1つ目に紹介するのは、出合ゆず大橋です。

高知市と阿南市を繋ぐ橋で2017年3月に完成しました。山間にあるので、徳島市からは車で約1時間半ほどです。

橋と星空。ロケーション最高ですね!!

概要を表にまとめておきますね。

名称出合ゆず大橋
住所徳島県那賀郡那賀町
駐車場なし
特徴・2017年3月に完成した為、あまり知られていない穴場スポット
・那賀町特産のゆずの花びらをイメージしたクリーム色の橋
・サルが出るので注意
地図Google Mapで見る

2017年に完成してまだ新しい為、地元民以外にはあまり知られていない穴場です!

橋に照明はありますが、周辺が山ばかりで暗いため星が見つけやすいです。

一般道路なので駐車場は無く、通行の邪魔にならないところでの観測となりますので十分ご注意ください。

野ザルがいますので、食べ物なども持たない方が良いかもしれません。

大自然に囲まれての天体観測、じっくりと流星を数えたいですね☆

大川原高原 (名東郡)

2つ目は、四国八十八景に認定されている大川原高原です。

徳島県庁から車で約1時間の標高約1020mの高原で、徳島市で1番高く、見晴らしも最高なスポットです。

7月はあじさいが咲き乱れ、多くの観光客で賑わっています。

何ですかこの星空!風車とのコラボ素敵すぎませんか?!

概要はこちらです。

名称大川原高原
住所徳島県名東郡佐那河内村上川原
駐車場無料駐車場 約100台分
特徴・有料展望台(9:00〜17:00)あり(大人:520円 子供:310円)
・風力発電の風車(高さ60m)が目印
・約3万本のあじさいで有名
・頂上付近にトイレあり
地図Google Mapで見る

空を広く見渡せるので、駐車場での観測がオススメです。

ロケーションにこだわりたい方は高原を歩いてみてください。
その際は暗いので十分注意してくださいね。

ベンチはほぼありませんので、折り畳みチェアを持っていくとゆっくりと観測できそうですね!

虫が多いので、虫除けスプレーなどの対策も必須ですよ。

夏場には天体観測のイベントも開催するそうですが、現在は開催情報がありません。

興味のある方は佐那河内村役場ホームページか、佐那河内役場 産業環境課(088-679-2115)に確認してみてくださいね。

四方見(よもみ)展望台 (鳴門市)

3つ目は、四方見(よもみ)展望台です。

鳴門町と瀬戸町を結ぶ鳴門スカイラインにあり、鳴門市からは車で約20分です。

ドライブコースとしてライダー達にも人気の場所ですね。

ライダーをも魅了するこの夜空…疲れが吹っ飛びますね〜

概要はこちらです。

名称四方見展望台
住所徳島県鳴門市瀬戸町中島田東山
駐車場無料駐車場 枠なし見た目で約20台くらい
特徴・人気のドライブコース
・トイレあり
地図Google Mapで見る

夜間は車やバイクの走り屋さんが多くおられます。

路駐は危険ですので、展望台駐車場を利用してください。

駐車場から道路反対側に展望台があり、ベンチもあるので座って眺められます。

広く見渡せるので、流星をたくさん見つけられそうですね!

太陽が沈むところも見応えがあるので、食料持参で夜まで観測するのもきっと楽しいですよ。

まとめ

2021年のペルセウス座流星群徳島県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は7月下旬から見れるが、8月12日夜から13日未明、または13日夜から14日深夜が見頃の時間帯
  • 流星群は基本的にどの方角でも見える、北東を中心に広く空を見るのがポイント

徳島県の、光が少なく広く見渡せるオススメスポット3選は

  • 那賀川出合ゆず大橋(那賀郡)
  • 大川原高原(名東郡)
  • 四方見展望台(鳴門市)

といった感じです!

今年は過去数年で最もキレイにペルセウス座流星群が観れるかもしれない貴重な年なので、皆さんの期待も大きいことでしょう。

お住まいの地域に近い場所でペルセウス座流星群を見に行ってみてくださいね。

コロナが落ち着いて皆でワイワイ流星群の観測が楽しめるようになってると良いですね。

今回は以上です!ありがとうございました〜。

流星群観察に何持ってけばいいの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました