【2021年】ふたご座流星群岐阜県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、 岐阜県では、雲に覆われて見られませんでした。好条件ということでたくさんの流れ星を期待されていただけに、とても残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の岐阜県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 岐阜県でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の岐阜県での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、ゆっくり星を眺められるオススメスポットを3つあげています。

【2021年】ふたご座流星群岐阜県の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、岐阜県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群岐阜県のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を岐阜県で見るのにおすすめとして、ゆっくり星を眺められるオススメスポットを3つあげています。

見学の丘(高山市)

1つ目に紹介するスポットは飛騨高山の街並みでも有名な、

高山市にある見学の丘です。

高山駅より車で20分くらいの場所にあります。

天の川と山のコントラストが素敵ですね!

概要を見ていきましょう。

名称見学の丘
住所岐阜県高山市丹生川町北方2640番地2
駐車場5台分
特徴・標高750メートル
・乗鞍岳まで見渡せる
・飛行機の離発着も見られるかも
地図Google Mapで見る

見学の丘は、合併によって”高山市”となった記念に整備された公園内にあります。

農道離着陸場・ヘリポートとして使われている「飛騨エアパーク」を見下ろすことができ、乗鞍岳を見渡せる展望台です。

標高が高く、空港なので広い空間を遮るものがありません。

実は星空を観察するのにぴったりのスポットなのです!

見学の丘には星座説明板が置かれていて、解説も書かれています。

実際の夜空と比べてみるのも良いですね!

道の駅 星のふる里ふるはし (揖斐川町)

2つ目に紹介するスポットは、揖斐川町にある道の駅 星のふる里ふるはしです。

国道303号沿いにあるので車で行きやすいです。

岐阜県の中でも星が綺麗な藤橋エリア、その入り口ともいうべき場所にあります。

数え切れないほどの星が瞬いてますね。

概要はこちらです。

名称道の駅 星のふる里ふるはし
住所岐阜県揖斐郡揖斐川町東横山264番地1
駐車場120台分
特徴・”星”がテーマの道の駅
・車中泊も可
・無料の足湯もある
地図 Google Mapで見る

星のふる里ふるはしは、名前のとおり星がテーマとなっている道の駅です。

併設されている道路情報交通館の中には星座のディスプレイも飾られています。

レストランも複数あり、道の駅のすぐ隣には温泉施設もあるんですよ〜。

温泉であったまってゆっくり星を眺められたら最高ですねぇ。

ドライブや観光も一緒に満喫できるスポットですね!

郡上八幡城(郡上市)

3つ目に紹介するスポットは、近年の城ブームで全国的に知られるようになった郡上八幡城です。

郡上八幡駅からは車で10分ほど、郡上八幡ICからは車で7分ほどとアクセスが便利な場所にあります。

 昼に見るお城とは違って幻想的ですね。

概要はこちら。

名称郡上八幡城
住所岐阜県郡上市八幡町柳町 一の平659
駐車場郡上八幡城駐車場(山頂:普通車のみ):約20台
城山公園駐車場(中腹:普通車のみ):約13台
特徴・日本最古の木造再建城
・夜間でも城の門までは行ける
・駐車場は普通車のみ
地図Google Mapで見る

日本最古の木造再建城としても知られている郡上八幡城は、城下町を見下ろす小高い山の上に建てられています。

山の上なので周囲には何もなく、実は星空を見るのに絶好の穴場スポットなのです。

注意点しては、中腹と山頂にある駐車場までの道は普通車しか通行できません

そして、道がとても狭く連続した急カーブもありますので、夜間に通行する場合は注意して運転するようにしましょう。

まとめ

2021年のふたご座流星群岐阜県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

岐阜県のゆっくり星を眺められるオススメスポット3選は

  • 見学の丘 (高山市)
  • 道の駅 星のふる里ふるはし(揖斐川町)
  • 郡上八幡城 (郡上市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!という感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

岐阜県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【2021年】ふたご座流星群石川県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、なが〜い雨で石川県ではほとんど見れませんでしたよね。

まれにみる好条件ということで非常に期待されていただけに、雲で覆われてしまい残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の石川県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 石川県でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の石川県での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、パワースポットとして有名で、星空観察にもぴったりの素敵なところを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群石川県の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、石川県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群石川県のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を石川県で見るのにおすすめのスポットとして、パワースポットとして有名で、星空観察にもぴったりの素敵なところを3つあげています。

見附島 (珠洲市)

1つ目に紹介するスポットは珠洲市にある見附島です。金沢森本ICから車で約2時間で到着します。

高さ28mある大きな岩は能登半島のシンボル的な存在で、パワースポットとしても人気があります! 

晴れた日には遠い北アルプスまで望むことができる絶景ポイントとして、多くの観光客が訪れます。

そびえたつ岩と星空がとても神秘的ですね〜。空のグラデーションも美しい。

名称見附島
住所石川県珠洲市宝立町鵜飼
駐車場200台分
特徴・能登半島のシンボル
・日の出も美しいスポット
・島へ渡れる散策路もある
地図Google Mapで見る

駐車場は海岸に近いので、車で休みながら流星群を見ることもできます。

夜間はライトアップされるので足元も安心で、大きな岩と鳥居、そして星空という非日常の景色をゆっくり堪能できます!

気候によっては、うっすら雪化粧をした岩も見られるかもしれません。

夜はとても冷え込みが厳しくなります。万全の防寒対策をして観測をしてくださいね。

真脇遺跡 (能登町

2つ目に紹介するスポットは、能登町にある真脇遺跡です。

のと里山空港ICから車で40分ほどのところにあります。

北陸で最大規模と言われている、約4000年前の縄文時代の遺跡を中心に公園が整備されています。

日本海や遠く立山連峰までも望むことができる、とても見晴らしの良い場所なんですよ!

  

縄文時代にタイムスリップした気分ですね。

名称真脇遺跡
住所石川県鳳珠郡能登町字真脇48-100
駐車場50台分
特徴・宿泊もできる施設がある
・富山湾まで見渡せる
・縄文時代のパワースポット?
地図Google Mapで見る

公園内に復元された「環状木柱列」は、縄文人が星空に祈るために立てられたのではないか?とも言われているそう。

縄文人はどんなことを星空に祈ってたんだろう?と考えながら星空を眺めるのも面白いですね。

公園内はいつでも自由に見学でき、敷地内にはレストランや宿泊施設もあります。

友達や家族と一緒に泊りがけで滞在すれば  観察できますね。

恋路海岸(能登町)

3つ目に紹介するスポットは、能登町にある恋路海岸です。

金沢方面からは、のと里山海道を通って約2時間の場所にあります!

明かりが少なく見晴らしがよいことから、絶好の天体観察スポットとしても知られていて、天体ファンも多く訪れます。

実は石川県内有数の縁結びのパワースポットとしても有名な場所です。

 

 鳥居と星空ってほんと神秘的ですね。息を吞むような風景です

名称恋路海岸
住所石川県鳳珠郡能登町恋路
駐車場20台分
特徴・縁結びのパワースポット
・白い砂浜と赤い鳥居が美しい景勝地
・能登半島国定公園に指定
地図Google Mapで見る

赤い鳥居が立っている弁天島は、潮が引くと島まで渡ることもできます

流星群の見れるタイミングで島に渡れたら最高ですが、時間を忘れて眺めてたら戻れなくなっちゃいそうです笑

駐車場からすぐの場所に海岸が広がっていますので、車の中からでも星空と海岸の眺めをゆっくり楽しめますよ。

白い砂浜で波の音を聞きながら、降りそそぐ流星群を眺める。

とてもロマンチックで素敵な思い出になりそうです。寒さには気を付けて観測を楽しんでくださいね。

まとめ

2021年のふたご座流星群石川県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

石川県のパワースポットとして有名で星空観察にもぴったりのオススメスポット3選は

  • 見附島 (珠洲市)
  • 真脇遺跡(能登町)
  • 恋路海岸 (能登町)

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!という感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

石川県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【2021年】ふたご座流星群北海道の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、北海道の一部では、見事な流星を観測することができました!

が、他の地域では雲に覆われて見られませんでしたね、とても残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の北海道での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 北海道でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の北海道での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、都市部からもアクセスがしやすく星を満喫できるスポットを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群北海道の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、北海道でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群北海道のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を北海道で見るのにおすすめとして、都市部からもアクセスがしやすく星を満喫できるスポットを3つあげています。

なよろ市立天文台きたすばる(名寄市)

1つ目に紹介するスポットは、名寄市にある、なよろ市立天文台きたすばるです。

名寄駅から車で15分ほどで到着します。

降ってきそうな星空と天文台が美しい!

概要はこちら!

名称 なよろ市立天文台きたすばる
住所北海道名寄市字日進157番地1
駐車場約50台
特徴・道立サンピラーパーク内の施設
・定期的に観測会を開催
・日本でも有数の研究用望遠鏡が設置
地図Google Mapで

名寄の中心部からアクセスがとても良い場所にありますが、光の影響が少なく、天体観測にぴったりの条件がそろっている天文台です。

星空の観察会や音楽ライブなど、イベントも充実しています!

12月の平均最低気温は-10℃と、とても冷え込みます。

コートや冬用のブーツは必須です!

ノシャップ岬 ( 稚内市)

2つ目に紹介するスポットは、稚内市にあるノシャップ岬です。

日本最北端の宗谷岬の西側、稚内駅から車で10分ほどの場所にあります。

ペルセウス座流星群とイルカのモニュメントが映えています!

概要をみていきましょう。

名称ノシャップ岬
住所北海道稚内市ノシャップ2丁目
駐車場20台
特徴・夕陽で有名なスポット
・アイヌ語で「岬が顎のように突き出たところ」の意味
・利尻島や礼文島も見ることができる
地図Google Mapで見る

ノシャップ岬は、稚内の日本海側に突き出たところにあります。

海に囲まれているので、視界がとても開けています。

天気が良ければ礼文島や利尻島を臨むこともできます。

パーキングにはトイレもあるので安心です。

もちろん・・夜はとても冷え込みます。

岬の近くには温泉もありますので、冷え切った体を温泉であたためるのも良いですね!

カシオペアの丘(嶺泊駐車場公園) (石狩市)

3つ目に紹介するスポットは、石狩市にあるカシオペアの丘(嶺泊駐車場公園)です。

札幌市の中心部からですと国道231号をまっすぐ、1時間ほどで行けます。

電波塔と星空が「映え」ていますね!

概要はこちらです

名称カシオペアの丘(嶺泊駐車場公園)
住所北海道石狩市厚田区嶺泊
駐車場約50台
特徴・札幌近郊の天体観測スポット
・電波塔と星空が「映え」と人気
・日本海を臨む公園
地図Google Mapで見る

海のそばにある公園で、街灯もなく周囲も真っ暗なので美しい星空を眺めることができます。

札幌からアクセスしやすく、きれいに星空が観察できるスポットとして、SNSで人気が急上昇しているスポットです。

駐車場にはトイレやごみ箱、自動販売機などはなく、近くのコンビニまでは車で5分ほどかかります。真っ暗なので足元にも注意

カシオペアの丘は通称で、正式な名前は嶺泊駐車場公園です。ナビに入力するときは気を付けてくださいね。

海沿いなので、風はとても冷たいです!厚手のコートや帽子などで、万全の対策をしましょう!

まとめ

2021年のふたご座流星群北海道の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

北海道の都市部からもアクセスがしやすく星を満喫できるスポット3選は

  • なよろ市立天文台きたすばる(名寄市)
  • ノシャップ岬(稚内市)
  • カシオペアの丘(嶺泊駐車場公園) (石狩市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!という感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

北海道内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【2021年】ふたご座流星群青森県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、青森県では雨でほとんど見ることが叶いませんでしたよね。

降るような流星が期待できる!と思っていただけに、厚い雲に覆われてとても残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の青森県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 青森県でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の青森県での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、視界が広く星が見やすいオススメスポットを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群青森県の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、青森県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群青森県のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を青森県で見るのにおすすめとして、視界が広く星が見やすいスポットを3つあげています。

奥入瀬渓流ホテル(十和田市)

1つ目に紹介するスポットは、十和田市にある奥入瀬渓流ホテルです。高級リゾートして有名なあの星野リゾートのホテルです。

十和田ICより車で約2時間ほどで到着します。

天の川と風車のコントラストが素敵ですね!

概要はこちらです

名称奥入瀬渓流ホテル
住所青森県十和田市奥瀬字栃久保231
駐車場約100台
特徴・渓流を臨むリゾートホテル
・残したい日本の音風景100選に選出
・冬のアクティビティも開催
地図Google Mapで見る

日本有数の景勝地である奥入瀬にある唯一のリゾートホテルです。

空気が澄んでいて明かりが少ないので、星空が良く見えます。

ホテルには星空観察ツアーや、氷瀑ライトアップツアーなど、冬季ならではのアクティビティも充実!

夜はとっても冷え込みますので、コート、マフラー・手袋は必携です!

道の駅十三湖高原 ( 五所川原市)

2つ目に紹介するスポットは、津軽国定公園の一画にある道の駅十三湖高原です。

十三湖が一望でき、日本海や岩木山も眺められるロケーションの良さがウリのひとつです!

中泊町からは車で約20分行くことが出来ます。

星が瞬いていますね!

概要をみてみましょう。

名称道の駅十三湖高原
住所青森県五所川原市相実取287−1058
駐車場無料駐車場あり 38台分
特徴・日本一美味しいと言われる十三湖名産活しじみがある
・営業時間 9:00〜18:00(駐車は24時間可)
・トイレあり
地図Google Mapで見る

十三湖が見渡せる高台にあります。

展望台は冬季閉鎖されていますが、駐車場付近でも充分に空を見渡すことが出来ます

道の駅には名物のしじみグルメが充実しているので、グルメを楽しんで星空観察も良いですね。

夜の気温はマイナスになります。冬タイヤへの交換を忘れずに出かけましょう!

防寒対策も万全にして臨みましょうね。

葦毛崎展望台  (八戸市)

3つ目に紹介するスポットは、3つ目に紹介するスポットは、八戸市にある葦毛崎(あしのざき)展望台です。

八戸自動車道八戸ICから30分ほどの場所にあります。

ペルセウス座流星群とレトロな展望台がとても映えていますね!

概要はこちら。

名称葦毛崎展望台
住所青森県八戸市鮫町字日蔭沢 ·
駐車場約50台
特徴・種差海岸随一の景観スポット
・旧日本軍の施設を使った展望台
・近くのソフトクリームが有名
地図Google Mapで見る

太平洋に突き出したような場所にあるため、海が一望できる景勝地です。

旧日本軍の軍事施設として使われていた建物が展望台となっています。ヨーロッパの要塞のようなレトロな雰囲気が素敵です。

視界が開けていて綺麗な星空が見られるので、天体ファンも多く訪れるスポットです。

周囲に遮るものがないということは、風がとっても冷たいです!厚手のコートや帽子などで、しっかりと寒さ対策をしていきましょう!

まとめ

2021年のふたご座流星群青森県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

青森県の、視界が広く星が見やすいオススメスポット3選は

  • 奥入瀬渓流ホテル(十和田市)
  • 道の駅十三湖高原(五所川原市)
  • 葦毛崎展望台 (八戸市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!という感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

青森県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【2021年】ふたご座流星群岩手県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

8月のペルセウス座流星群、岩手県では雨でほとんど見ることが叶いませんでしたよね。

たくさん流星を見ることができるかもしれなかっただけに、雲で遮られとても残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の岩手県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 岩手県でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の岩手県での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、自然と星空どちらも堪能できるオススメスポットを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群岩手県の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、岩手県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群岩手県のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を岩手県で見るのにおすすめとして、自然と星空どちらも堪能できるスポットを3つあげています。

ひろのまきば天文台 (洋野町)

1つ目に紹介するスポットは、洋野町のひろのまきば天文台です。

八戸自動車道軽米ICから約30分で到着します。

今年もこんなふたご座流星群が見れたら嬉しいですね!

概要はこちら。

名称ひろのまきば天文台
住所岩手県九戸郡洋野町大野第66地割8-142
駐車場約20台
特徴・環境省「最も暗く星が見やすい地点」選出
・星空教室が開かれている
・標高706m
地図Google Mapで見る

牧場の中に建てられた天文台で、高台にあり周囲が360度開けています

2007年に環境省から「日本一の星空観察適地」に選出された、天体ファンに有名なスポットで、東北では珍しい冬季でも営業している天文台です!

天文台では星空の観察会や講演会などが定期的に開催されています。

夜はとっても冷え込みますので、厚手の上着やニット帽などの防寒具は必須です!

岩手山焼走り国際交流村 (八幡平市)

 2つ目に紹介するスポットは、八幡平市にある岩手山焼走り国際交流村です。

東北自動車道の岩根ICから15分の場所にある、人気のキャンプ場です。

長い尾の流れ星と山が映えますね!

概要はこちら!

名称岩手山焼走り国際交流村
住所岩手県八幡平市平笠第24地割728
駐車場約100台分
特徴・広大なキャンプ場
・敷地内に天文台もある
・溶岩流を観察できる
地図 Google Mapで見る

江戸時代の噴火時の溶岩流も見学できる、ユニークなキャンプ場です。

空気が澄んでいるので、夜は降るような星空を楽しめます。

敷地内には天文台もあって望遠鏡からも星を眺めることができます。

冬季はキャンプ場はクローズとなりますが、コテージや食堂は開いています。

コテージに宿泊して一晩中眺めるのも良いですね!

浄土ヶ浜  (宮古市

3つ目に紹介するスポットは、3つ目に紹介するスポットは、宮古市にある浄土ヶ浜(じょうどがはま)です。

宮古盛岡横断道路の宮古港ICから8分と、アクセスが良い場所にあります。

岩の姿と星空が神々しいですね!

概要を見てみましょう。

名称浄土ヶ浜
住所岩手県宮古市日立浜町32 
駐車場約340台
特徴・東北有数の天体観測スポット
・三陸復興国立公園の中心部
・奇岩で有名な景勝地
地図Google Mapで見る

独特のかたちをした岩と、広々とした美しい海で知られている景勝地です。

周囲に灯りがなく綺麗な星空が見られるので、県外からも天体ファンが多く訪れるスポットです。

眩いほどの星空に照らされた海と岩々を眺めたいですね!

注意点としては、駐車場からの道は真っ暗ですので、ライトなどを持参しましょう。

12月になると最低気温はマイナスになります。ダウンコートなどでしっかりと寒さ対策をしていきましょう!

まとめ

2021年のふたご座流星群岩手県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

岩手県の、自然と星空どちらも堪能できるオススメスポット3選は

  • ひろのまきば天文台 (洋野町)
  • 岩手山焼走り国際交流村(八幡平市)
  • 浄土ヶ浜  (宮古市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!という感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

岩手県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【2021年】ふたご座流星群宮城県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、宮城県ではほとんど見ることが叶いませんでしたよね。

たくさんの流星を見ることができるかも、と期待していただけに、とても残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の宮城県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 宮城県でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の宮城県での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、 星空をじっくり眺められて自然豊かなスポットを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群宮城県の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、宮城県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群宮城県のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を宮城県で見るのにおすすめのスポットとして、 星空をじっくり眺められて自然豊かなスポットを3つあげています。

岳 (仙台市)

1つ目に紹介するスポットは仙台市泉区にある泉ヶ岳です。

東北自動車道の泉ICから、約30分ほどで到着します。

こんなきれいな流星が見られると最高ですね!

概要を見てみましょう。

名称泉ヶ岳
住所宮城県仙台市泉区福岡
駐車場1000台
特徴・仙台の夜景も楽しめる
・スキー場の広い駐車場あり
・近くに温泉もある 
地図Google Mapで見る

登山や紅葉、スキーなど、四季を通じて楽しめる仙台市民の憩いの場所です。

空気が澄んでいて街灯が少ないので、星が見える名所でもあります!

駐車場が広いので、車からじっくりと観察もできます。

昼間はスキーでたくさん遊んで夜は星空観察も良いですね!

スキー場ということは雪山ですので、スノータイヤに交換して慎重な運転で行きましょう!

ダウンやカイロなど、夜観測するための防寒装備もしっかり準備して下さいね!

神割崎キャンプ場 (南三陸町)

2つ目に紹介するスポットは、南三陸町にある神割崎(かみわりざき)キャンプ場です。

三陸自動車道の桃生津山ICからですと、35分ほどで到着します。

星空とテントの明かりも幻想的ですね!

概要を見てみましょう。

名称神割崎キャンプ場
住所宮城県本吉郡南三陸町戸倉寺浜81-23
駐車場約100台
特徴・太平洋に面したキャンプ場
・景勝地「神割崎」に隣接
・手ぶらでも可
地図 Google Mapで見る

太平洋に面していて周囲に何もないことから星が良く見えるキャンプ場として有名です。

自家用車で横づけできるオートサイトや、ペットと泊まれるバンガロー、そして手ぶらでもキャンプを楽しめるプランなど、設備が充実しているので人気が高いです。

以前は冬季は閉鎖されていましたが、2021年から冬季も営業されることになりました!

冬キャンプ用品を準備して、 ダウンやブーツでしっかり着込んで行きましょう!

休暇村気仙沼大島  (気仙沼市)

3つ目に紹介するスポットは、気仙沼市にある休暇村気仙沼大島です。

三陸復興国立公園内にある、2020年にリニューアルされたばかりのホテルやキャンプ場などがある総合リゾート施設です。

2021年に復興道路が開通されたことで、さらにアクセスが便利になりました!

息をのむような美しい星空ですね!

概要はこちらです。

名称休暇村気仙沼大島 
住所宮城県気仙沼市外畑16 
駐車場約100台
特徴・三陸復興国立公園内にある施設
・気仙沼駅までの無料送迎あり
・星空夜景ツアーが人気
地図Google Mapで見る

施設近くにある亀山での天体観測ツアーが毎日開催されています!

亀山は標高235mの山で、360度のパノラマが楽しめるポイントです。

澄み切った空気の中でたくさんの星と、気仙沼の復興の明かりも見ることができるのも嬉しいですね!

気仙沼の海の幸と星、両方堪能出来たら最高に楽しい思い出になることでしょう!

降雪はそれほどないエリアですが、ニット帽やダウンコートは忘れずに。

まとめ

2021年のふたご座流星群宮城県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

宮城県の、星空をじっくり眺められて自然豊かなスポット3選は

  • 泉ヶ岳 (仙台市)
  • 神割崎キャンプ場 (南三陸町)
  • 休暇村気仙沼大島  (気仙沼市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!という感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

宮城県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【2021年】ふたご座流星群鹿児島の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、なが〜い雨で鹿児島ではほとんど見れませんでしたよね。

8年ぶりに好条件での観測が期待されていただけに非常に残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の鹿児島での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 鹿児島でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の鹿児島での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、鹿児島市、霧島市、鹿屋市でそれぞれ紹介します!

【2021年】ふたご座流星群鹿児島の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、鹿児島でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群鹿児島のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を鹿児島で見るのにおすすめのスポットとして、各主要市街(鹿児島市・霧島市・鹿屋市)周辺で3つご紹介しますね。

国分城山公園(霧島市)

こちら鹿児島市の城山展望台とは違います!

城山展望台ももちろん夜景のスポットとして素晴らしい場所ですが、より流星群の観測に向いてるのは霧島市の国分城山公園でしょう。

霧島市中心部からは車で7分、鹿児島市からは55分程度です。

街の夜景もキレイですよね。空が広くて流星群観察にぴったりなんです!

概要はこちら。

名称国分城山公園
住所鹿児島県霧島市国分上小川
駐車場144台
特徴・標高192m
・日本夜景100選
・観覧車などの施設もあり
・2020年12月に「時空ブランコ」という名のオブジェが完成
地図Google Mapで見る

昔夜に行ったことがあるのですが、だだっ広い芝生とあかりの少なさが流星群観察にぴったりです。

お布団がわりにダウンコートを着ていれば、芝生の上に寝っ転がって流星群をのんびり眺められますよ。

冬は特に寒いので、カイロやニット帽、イヤーマフなどプラスの防寒対策も忘れずに!

2020年12月に出来た「時空ブランコ」は固定されて動きませんが、座って眺めたり撮影スポットとしても話題になっています。

ゴーカートや観覧車などの施設もあり、普通に遊ぶにも楽しい公園になってます。昼から一日いれますね!

錦江湾公園(鹿児島市)

続いて紹介するのは鹿児島市内にある錦江湾(きんこうわん)公園です。

夏には鹿児島の風物詩サマーナイト(花火大会)が行われる錦江湾の近くにある公園。

ロケットやバラ園で有名でもありますが、夜景も抜群のロケーションなんです。

鹿児島市から車でおよそ30分です。

ロケットと星のコラボって幻想的ですよね。

概要はこちらです。

名称錦江湾公園
住所鹿児島県鹿児島市平川町1818番地
駐車場180台
特徴・ロケットが目印
・バラ園が有名
・キャンプ場は夏季のみ営業
地図Google Mapで見る

大きな公園で芝生も多いため、芝生に座ったり寝転びながらのんびり流星群の観測が出来そうですね。

おすすめは、ダウンコートを着て折り畳みチェアに座りゆっくりと眺める…最高です!

寒さに負けないように、カイロや飲み物など持参して行くと、よりまったりと観測出来そうです。

駐車場も広く視界が広いので、寒さがピークに達したら車内でも観測可能ですよ!

輝北うわば公園(鹿屋市)

3つ目のおすすめスポットは輝北うわば公園です。

星空継続観測(スターウォッチングネットワーク)で過去7回、日本一星空がきれいに見えるところと評価されているスポット。

桜島と海と星!最高のコラボですやん!

概要はこちら。

名称輝北うわばキャンプ場
住所鹿児島県鹿屋市 輝北町市成1660-3
駐車場200台
特徴・標高550m
・天文台で星空展望が可能(予約制)
・バンガローでのキャンプ宿泊可能
地図Google Mapで見る

輝北天球館という天文台があり、望遠鏡で星空の観察もできます。(2021年10月現在完全予約制)

夏に数回行ったことがありますが、空気の澄み具合と星のキレイさがハンパなかったです。

冬はより空気が澄んでいますので、これは期待大です!

しかし標高が高いためか雲や霧で周りが見えない日もありました。山の天気は変わりやすいですもんね。

当日霧で見れなかった・・は悲しすぎるので、現地の天気確認は必須です。

地上よりもやや気温が下がりますので、ダウンコートやカイロ、ニット帽などの防寒対策も忘れないように準備しましょう!

まとめ

2021年のふたご座流星群鹿児島の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

鹿児島のおすすめスポットは、

  • 国分城山公園(霧島市)
  • 錦江湾公園(鹿児島市)
  • 輝北うわば公園(鹿屋市)

です!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!て感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

鹿児島県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【2021年】ふたご座流星群沖縄の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、なが〜い雨で沖縄ではほとんど見れませんでしたよね。

8年ぶりに好条件での観測が期待されていただけに非常に残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の沖縄での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 沖縄でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の沖縄での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、明かりが少なく星が見やすいところを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群沖縄の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、沖縄でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群沖縄のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を沖縄県で見るのにおすすめのスポットとして、明かりが少なく星が見やすいところを3つあげています。

小浜島(八重山郡)

1つ目に紹介するのは、八重島諸島の離島である小浜島です。

沖縄の中でも特に星が綺麗と言われており、新月の時には期待以上の星空が望めるスポットです!

石垣島から高速船(フェリー)で約25分程で行けます。

満天の星空!静かな島の海辺で見られたら、ただただ最高ですよね。

概要を表にまとめておきますね。

名称小浜島
住所沖縄県八重山郡竹富町字小浜
駐車場無料駐車場あり  ちゅらさん広場前 バス10台分くらい
特徴沖縄の中でも特に星が綺麗と有名
NHK「ちゅらさん」の舞台
島内宿泊施設あり
地図Google Mapで見る

フェリーの小浜島発最終便は17:15ですので、こちらで天体観測をお考えの方は、先に宿泊先を押さえましょう!

宿泊施設により、星空観測ツアーの開催もありますのでチェックしてみてください!

12月でも平均気温が20℃前後ありますので、本州のようなダウンは必要ありません。しかし夜の風は寒く感じますので、風避けのための上着は必要です。

島内には展望台が3か所あり、歩いても移動が可能な広さですが、レンタカーがあると便利です。

展望台を巡って星空の見え方を比べてみるのも楽しいですね☆

素敵すぎて一生のうち一度は訪れてみたい場所です。

古宇利大橋南詰展望所 (名護市)

2つめは、古宇利島と屋我地島を結ぶ古宇利島大橋の南詰展望所です。

2005年に島民念願の橋が開通し、無料で渡れる橋としては沖縄県では宮古島の伊良部大橋に次ぐ2番目の長さを誇っています。

沖縄本島にある美ら海水族館からは車で約25分ほどで行けます。

広く見渡せますね〜まるで月面にいるみたいです。

概要はこちらです。

名称古宇利大橋南詰展望所
住所沖縄県名護市済井出
駐車場無料駐車場あり 約20台〜30台分
特徴県内第2位の長さの無料の橋
全長1960m2005年開通
撮影スポットとして有名
地図Google Mapで見る

沖縄本島からも行けるので、多くの人が利用する展望所です。

階段から降りて浜から眺める事もできますので、レジャーシートがあればゆっくり出来ます。

冬には20℃を下回り、気候によっては10℃以下になる事もありますので上着は必須です!

寒さが心配な方は、カイロを持参することをオススメします。

古宇利大橋は徒歩や自転車も通行可能ですので、橋上から眺めるのも素敵ですね!

ただし橋の上は駐車禁止ですので、必ず駐車場をご利用下さい。

昼も夜も綺麗な景色で沖縄県民もおすすめするビュースポット、これは見逃せませんね!

玉取崎展望台 (石垣市)

最後に紹介するのは、石垣島にある玉取崎展望台です。

ハイビスカスが綺麗に咲き誇る事でも有名で、眺望が良い事からトップシーズンには多くの人で賑わいます。

石垣市からは車でおよそ30分で行く事が出来ます。

流星がクロスしてますね。建物の雰囲気もまた良き。

名称玉取崎展望台
住所沖縄県石垣市伊原間
駐車場無料駐車場あり玉取崎展望台駐車場 約40台分
特徴24時間出入り可能
自販機、トイレあり
ハイビスカスが綺麗な事で有名
地図Google Mapで見る

展望台までは歩いて5分程度です。

駐車場からの眺めも、歩いている時もずっと眺めが良いので、どこで見ても楽しめますよ!

まずは展望台で夜空を楽しんで、人が多くなったら駐車場でゆっくり観測というのも良いですね。

冬でもハイビスカスが咲いていて、夏さながらの雰囲気を味わう事ができます。

しかし冬場は北風が強いため、気温が20℃前後でも体感温度は下がります

上着や長ズボンは必ず準備しておきましょう!

24時間開放しているので、時間に追われずゆっくりと過ごせそうですね!

まとめ

2021年のふたご座流星群沖縄の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

沖縄県の明かりが少なく星が見やすいオススメスポット3選は

  • 小浜島(八重山郡)
  • 古宇利大橋南詰展望所(名護市)
  • 玉取崎展望台(石垣市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!て感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

沖縄県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【2021年】ふたご座流星群大分の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、なが〜い雨で大分ではほとんど見れませんでしたよね。

8年ぶりに好条件での観測が期待されていただけに非常に残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の大分での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 大分でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の大分での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、明かりが少なく星が見やすいところを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群大分の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、大分でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群大分のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を大分県で見るのにおすすめのスポットとして、明かりが少なく星がみやすいところを3つあげています。

旧豊後森機関庫(玖珠郡玖珠町)

1つ目に紹介するのは、旧豊後森機関庫です。

戦時中からある歴史的にも貴重な施設で、いまでもSLが展示されています。

大分市からは有料道路を使って車でおよそ1時間です。

まさに銀河鉄道の夜!!SLと星空のコラボはカッコ良過ぎますね!こんな写真撮りたい!

概要を表にまとめておきますね。

名称旧豊後森機関庫
住所大分県玖珠郡玖珠町帆足242−7
駐車場町営豊後森駅駐車場 目視で約15台以上(最初の2時間無料)
特徴・24時間営業
・12/28まで「鬼滅の刃」スマホ向けのスタンプラリーやARアプリを使ったフォトスポットあり
地図Google Mapで見る

12/28までは鬼滅ファンにも嬉しいスタンプラリーやフォトスポットもあります。

SLも時間限定で映画の無限列車仕様になっているそうなので、気になる方はチェックしてみてください☆

夜間は非常に冷え込みますので、暖かいダウンとカイロ、ニット帽など防寒対策バッチリでいきましょう。

蒸気機関車の横で流星群見られたら、もう銀河鉄道ですよね!

煉獄さんやメーテル探しちゃいそう…笑

道の駅「のつはる」 (大分市)

2つめは、ななせダムを眺めながら休憩できる道の駅のつはるです。

2019年11月にオープンし、地元の野菜などの販売もあり、ゆったりと休憩できる場所です。

大分市からは車で約30分程度で行けます。

ダム越しの星空はなんとも迫力ありますねぇ。

概要はこちらです。

名称道の駅「のつはる」
住所大分県大分市下原1717−1
駐車場無料駐車場あり 普通車44台分
特徴・2019年11月30日オープン
・24時間入庫可能
・店舗営業は17:00まで
・トイレあり
地図Google Mapで見る

オープンしてまだ新しいので、店舗内も駐車場もキレイです。

ダム沿いなので街の明かりはなく、橋の光がややありますが充分観測が可能です。

道の駅は24時間、駐車場とトイレの利用は可能ですので車中泊も可能です。

しかしマナーが悪いと夜間利用禁止になる場合もありますので、皆さんが気持ちよく過ごせるように節度ある利用を心がけましょう。

冬場は車外も車内も冷えますので、毛布や布団がわりのダウンコートは必須で、プラスでカイロを多めに持っていってくださいね。

車のタイヤは冬用やチェーンを必ず準備しておいてください。

身体を充分に暖かくしてゆっくりと流星を待ちましょう!

九州自然動物公園アフリカンサファリ (宇佐市)

3つめは、九州自然動物公園内にあるアフリカンサファリです。

入場料とは別でサファリバスに乗ると動物を間近で見ることができ、夜はキャンプができるサイトもあります。

宇佐市からは車で約35分程度です。

マンモスの大迫力・・・サバンナ感半端ないです!

概要はこちらですね。

名称九州自然動物公園アフリカンサファリ
住所大分県宇佐市安心院町南畑2−1755−1
駐車場1500台分
特徴・入園料必要
・最終受付15:30(夏は16:00)
・オートキャンプ場あり(要予約)
地図Google Mapで見る

夜間は入場ゲートが閉まりますので入れません。

オートキャンプ場があるので、そちらの利用で敷地内で天体観測をすることができます。

近隣で観測したい方は、自然公園入口大きいマンモスの象を目印にして、良き場所で観測してください。

オススメは、昼間はサファリパークで遊んで、夜はオートキャンプ場で冬キャンプしながら宿泊天体観測というプランです!

夜間は特に風が冷たいので、ダウンやカイロ、手袋などでしっかり防寒しましょう。

キャンプファイヤーをする際は、灯りにもなりますので周りに観測中の方がいないか注意しながらして下さいね。あと火の元注意!!

間近で動物たちを見た後のキャンプ、大変安全ですが、スリルを感じます!

一風変わった天体観測を味わえそうですね。

まとめ

2021年のふたご座流星群大分の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

大分県県の、明かりが少なく星が見やすいオススメスポット3選は

  • 旧豊後森機関庫(玖珠郡玖珠町
  • 道の駅「のつはる」(大分市)
  • 九州自然動物公園アフリカンサファリ(宇佐市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!て感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

大分県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

【2021年】ふたご座流星群秋田県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、秋田県では雲でほとんど見られませんでしたよね。

8年ぶりの好条件で観測できそう、と言われていただけに、とても残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の秋田県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 秋田県でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の秋田県での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、自然と星空どちらも堪能できるスポットをを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群秋田県の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、秋田県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群秋田県のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を秋田県で見るのにおすすめのスポットとして、自然と星空どちらも堪能できるスポットを3つあげています。

森吉山ダム (北秋田市)

1つ目に紹介するスポットは北秋田市にある、森吉山ダムです。

五城目八郎潟ICから1時間ほどの場所にある、小又川中流に作られた多目的ダムです。

ダムの堤体と星空がきれいですね!

概要はこちらです。。

名称森吉山ダム
住所秋田県北秋田市根森田
駐車場46台
特徴・東北で一番長いダム      
・ダム湖の風景が綺麗
・標高786m
地図Google Mapで見る

澄んだ空気と周囲に灯りがないことから、秋田県でも有数の星空スポットとして知られています。

冬季はダムには入れますが、敷地内のダム広報館は閉鎖され、自動販売機も休止されます。

最低気温はマイナスになります。暖かい飲み物やブランケットなども忘れないようにしましょう!

森に囲まれた湖のそばで、綺麗な星空をじっくり流星群を観察したいですね!

田沢湖 御座石神社 (仙北市)

2つ目に紹介するスポットは、仙北市にある御座石神社(ござのいしじんじゃ)です。

東北自動車道の盛岡ICから70分ほど、田沢湖の北のほとりにあります。

田沢湖の中でも有数のビュースポットです。

鳥居と星が神々しいです!

概要をまとめてみました。

名称田沢湖 御座石神社
住所秋田県仙北市西木町桧木内相内潟
駐車場約50台分
特徴・湖神たつこ姫を祀る神社
・田沢湖有数のビュースポット
・湖畔の赤い鳥居が印象的
地図 Google Mapで見る

日本一深い湖・田沢湖の北のほとりにある神社です。

最近では、絶世の美女だったというたつこ姫にあやかって”美のパワースポット”として人気を集めています。

周囲には光が少なく開けているので、きれいな星空を眺められます。

田沢湖ブルーと呼ばれる美しい湖と星空を眺めていると、パワーをもらえそうですよね!

田沢湖は積雪が早い地域です。ふもとには雪がなくても、ブーツやダウンコートなど、しっかりと真冬用の支度を整えていきましょう。

注意点としては、岩場で足元が悪いのでライトなどを持っていきましょう。

寒風山回転展望台 (男鹿市)

3つ目に紹介するスポットは男鹿市の寒風山(かんぷうざん)回転展望台です。

秋田自動車道の昭和男鹿半島ICから約40分、もしくは八竜ICから約1時間で到着します。

星空と独特の形の展望台が綺麗ですね!

概要はこちらです。

名称寒風山回転展望台
住所秋田県男鹿市脇本富永寒風山62
駐車場約100台
特徴・日本でも珍しい回転式展望台
・県内有数のビューポイント
・火山ならではの噴火口が見られる
地図Google Mapで見る

周囲に何もなく開けていますので、星空を観察するのにもぴったりの場所です。

冬季は展望台には登れませんが、ロータリーまでは行くことができます。

スノータイヤにしっかり交換して出かけて、車窓越しに綺麗な星空を満喫したいですね!

まとめ

2021年のふたご座流星群秋田県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

秋田県の、 自然と星空どちらも堪能できるオススメスポット3選は

  • 森吉山ダム (北秋田市)
  • 田沢湖 御座石神社(仙北市)
  • 寒風山回転展望台 (男鹿市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!という感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

秋田県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

冬の流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。