【2021年】ペルセウス座流星群青森の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介! 

ペルセウス座流星群 青森 見頃 時間帯 方角 オススメスポット 流星群

こんにちは!

本州の最北端に位置している青森県は、りんごやねぶた祭りが有名ですよね。

りんごだけでなく、山や海など美しい自然が多く残されていて、美しい星空が見られるのも魅力の1つ!

2021年は8年ぶりに、ペルセウス座流星群の観測状況がバッチリで「例年より多くの流星が見られるのでは?」と専門家の間でも話題になっているんですよ〜。

これは見ないと後悔してしまいそうですよね。

この記事では

  • ペルセウス座流星群の青森での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 青森でペルセウス座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容でまとめています。

結論から言うと、ペルセウス座流星群は青森では8月13日午前4時ごろに極大となり、前後数時間にわたり活発に見られると予測されます。どの方角でもまんべんなく見えますので、12日夜中〜14日深夜までの時間帯を狙いましょう!

オススメスポットについては、視界が広く星が見やすいところを紹介します!

【2021年】ペルセウス座流星群青森の見頃時間帯や方角

2021年のペルセウス流星群は、7月下旬から8月下旬にかけて活発になり、8月13日午前4時頃(前後する場合があります)に極大(ピークの見頃)となる予想です

時間帯は青森県であっても大きく変わりはないですね。

見頃のタイミングは、12日夜から放射点が高く昇る13日未明、または13日夜から14日深夜頃になります。

ちょうどお盆でお休みのタイミングです!夜中まで起きてても大丈夫ですね!笑

今年は月齢が4、つまりめちゃくちゃ細い三日月くらいの時期にピークの見頃を迎えます。

なので月明かりがほぼなく、空が暗い状態のため流星群がよりキレイに観測できるというワケなんですね!

こんなに良い条件でペルセウス座流星群が観れるのは実に8年ぶりとのこと。

これはなかなかない観測チャンスですよ〜!

また、青森県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えるんです!

へぇ〜と思ったそこのあなた!私も思いました。笑

ペルセウス座流星群は、全天にまんべんなく流れるのが特徴なんですね。

流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

見えにくい場合は放射点のある北東の空を中心に、ひろ〜く見てみてくださいね。

【2021年】ペルセウス座流星群青森県のおすすめスポット3選

2021年のペルセウス座流星群を青森県で見るのにおすすめのスポットとして、視界が広く星が見やすいところを3つあげています。

酸ヶ湯キャンプ場(青森市)

1つ目に紹介するスポットは酸ヶ湯キャンプ場です。

ブナ林に囲まれ、北八甲田・大岳を望む敷地内には、管理棟やテントサイト、炊事場などの施設が整備され、快適な屋外活動を楽しむことができます。

青森市からは車で約40分で行けます。

一つ一つの星がはっきりと見えますね〜存在感抜群です!

場所の概要を表にまとめておきます。

名称酸ヶ湯キャンプ場
住所青森県青森市大字荒川 南荒川山地内
駐車場無料駐車場 30台分
特徴標高900m
キャンプ宿泊の場合、基本料金に加えサイト利用料が必要
地図Google Mapで見る

6月下旬〜10月下頃の降雪日までのシーズン営業で、宿泊、日帰り利用どちらもできます。

天体観測ならキャンプ宿泊してゆっくり空を眺めるのが良さそうですね!

コロナ禍で人数制限がある為、利用希望の方は事前に予約をしておく方が良さそうです。

徒歩5分のところに酸ケ湯温泉もあるので、日中の疲れをとって夜通し観測に臨めます!

キャンプ利用者は温泉の割引があるそうですよ〜!

道の駅十三湖高原 ( 五所川原市)

2つ目に紹介するスポットは、津軽国定公園の一画にある道の駅十三湖高原です。

十三湖が一望でき、日本海や岩木山も眺められるロケーションの良さがウリのひとつです!

中泊町からは車で約20分行くことが出来ます。

本当に綺麗です…これで流星いっぱい見られたらたまりません!!

概要はこちら。

名称道の駅十三湖高原
住所青森県五所川原市相実取287−1058
駐車場無料駐車場あり 38台分
特徴日本一美味しいと言われる十三湖名産活しじみがある
営業時間 9:00〜18:00(駐車は24時間可)
展望台あり、滑り台あり、トイレあり
地図Google Mapで見る

辺り一面とっても広く、駐車場付近でも充分に空を見渡すことが出来ますが、より高いところから見たい方は展望台に登ってみてください。

展望台2階からはなんと、ローラー滑り台があってそれもこのスポットの魅力です。

トイレもあるので車中泊も可能です。

道の駅内にはお土産物もあるので、18時前に行って散策し、暗くなったら駐車場や展望台で観測し、最後は滑り台で降りる…むちゃくちゃ楽しそうですね!!

釜臥山展望台 (むつ市)

最後に紹介するスポットは、下北半島で最も標高の高い「釜臥山」の頂上近くにある2階建ての釜臥山展望台です。

市街地と陸奥湾、遠くは八甲田山の山々、北は北海道までも 望むことができます。

むつ市からは車で約30分でいけます。

不思議な形の展望台と美しい星空・・近未来と自然の融合って感じです。

概要はこちら。

名称釜臥山展望台(かまふせやまてんぼうだい)
住所青森県むつ市大平 荒川
駐車場無料駐車場あり 約30台分
特徴標高878m展望台 
8:30〜21:30遊歩道から釜臥山山頂まで行ける(通行禁止の場合あり)
アゲハ蝶の形に見える夜景で有名
地図Google Mapで見る

晴れた日には遥か先の北海道が望める360度の大パノラマなので、ペルセウス座流星群の観測にもぴったりです!

駐車場は24時間利用可能ですが、展望台は21:30までですのでご注意ください。

それ以降の時間は、広く視界が開けていますので駐車場でも充分観測が可能です。

夜景も綺麗ですが、街の光をものともしない満天の星空を見てみたいですね〜。

まとめ

2021年のペルセウス座流星群青森県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は7月下旬から見れるが、8月12日夜から13日未明、または13日夜から14日深夜が見頃の時間帯
  • 流星群は基本的にどの方角でも見える、北東を中心に広く空を見るのがポイント

青森県の視界が広く星が見やすいオススメスポット3選は

  • 酸ヶ湯キャンプ場(青森市)
  • 道の駅十三湖高原(五所川原市)
  • 釜臥山展望台(むつ市)

といった感じです!

今年は過去数年で最もキレイにペルセウス座流星群が観れるかもしれない貴重な年なので、皆さんの期待も大きいことでしょう。

お住まいの地域に近い場所でペルセウス座流星群を見に行ってみてくださいね。

まだまだコロナには注意が必要なので、お互いに気を付けて観測を楽しみましょう。

今回は以上です!ありがとうございました〜。

流星群観察に何持ってけばええの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました