【2021年】ペルセウス座流星群広島県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

ペルセウス座流星群 広島 見頃時間帯 方角 おすすめスポット 流星群

こんにちは!

広島県には厳島神社や平和記念公園など、自然環境を大切にする施設が多くありますよね。

心穏やかになれる場所が多い広島には、天体観測向きの場所がたくさんあるんです。

2021年はペルセウス座流星群の観測状況が8年ぶりの最高潮なので、流星も多く見られるのではと期待が高まっているんです!

このチャンスに最高のスポットで観測してみませんか?

この記事では

  • ペルセウス座流星群の広島県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 広島県でペルセウス座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容でまとめています。

結論から言うと、ペルセウス座流星群は広島県では8月13日午前4時ごろに極大となり、前後数時間にわたり活発に見られると予測されます。

どの方角でもまんべんなく見えますので、12日夜中〜14日深夜までの時間帯を狙いましょう!

オススメスポットについては、明かりが少なく星が見やすいところを紹介します!

【2021年】ペルセウス座流星群広島県の見頃時間帯や方角

2021年のペルセウス流星群は、7月下旬から8月下旬にかけて活発になり、8月13日午前4時頃(前後する場合があります)に極大(ピークの見頃)となる予想です

時間帯は広島県であっても大きく変わりはないですね。

見頃のタイミングは、12日夜から放射点が高く昇る13日未明、または13日夜から14日深夜頃になります。

ちょうどお盆でお休みのタイミングです!夜中まで起きてても大丈夫ですね!笑

今年は月齢が4、つまりめちゃくちゃ細い三日月くらいの時期にピークの見頃を迎えます。

なので月明かりがほぼなく、空が暗い状態のため流星群がよりキレイに観測できるというワケなんですね!

こんなに良い条件でペルセウス座流星群が観れるのは実に8年ぶりとのこと。

これはなかなかない観測チャンスですよ〜!

また、広島県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えるんです!

へぇ〜と思ったそこのあなた!私も思いました。笑

ペルセウス座流星群は、全天にまんべんなく流れるのが特徴なんですね。

流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

見えにくい場合は放射点のある北東の空を中心に、ひろ〜く見てみてくださいね。

【2021年】ペルセウス座流星群広島県のおすすめスポット3選

2021年のペルセウス座流星群を広島県で見るのにおすすめのスポットとして、明かりが少なく星が見やすいところを3つあげています。

星降る展望台(呉市)

1つ目に紹介するのは、北西の方角に180度見渡せる展望台がある、その名も星降る展望台です。

野呂山の山頂にあり、呉ICから車で約1時間ほどで行けます。

幻想的な夜空で時を忘れそうですね..

概要を表にまとめておきます。

名称星降る展望台
住所広島県呉市川尻町
駐車場無料駐車場あり 10台分
特徴・24時間利用可能
・近隣にキャンプ場あり
・標高839.1m
地図Google Mapで見る

ベンチが数カ所あるので座って見る事も可能ですが、芝生のスペースがあるので寝転んで夜空を見上げることも出来るんです。

星座の解説板も設置してあり、まさに天体観測にぴったりのスポットです!

キャンプ場からは徒歩15分程度なので、キャンプして夜は展望台で観測というのもいいですね!

足元が暗いので、懐中電灯は準備しておいてくださいね。

道の駅 豊平どんぐり村 (山県郡北広島町)

2つ目は、道の駅 豊平どんぐり村です。

広大な敷地に温泉や宿泊施設を併設した運動公園で、一日中遊べる道の駅です。

広島市内からは車でおよそ1時間で行くことが出来ます。

夜空のコントラストが美しいですね〜

概要はこちらです。

名称道の駅 豊平どんぐり村
住所広島県山県郡北広島町都志見12609
駐車場無料駐車場あり 400台分
有料RVパークあり 1台1泊2200円(キャンピングカー等車中泊用)
特徴天然ラドン温泉あり
宿泊施設あり
トイレあり
地図Google Mapで見る

店舗の営業時間が過ぎると電気が消えますので、駐車場からの観測ができます。

駐車場には24時間入れますので、トイレの場所もチェックしつつ良いポイントを探してみてください。

各店舗の営業時間は短めですので、ご利用をお考えの方は事前にチェックしてくださいね!

日中は道の駅で遊んで、夜は温泉に入って星空観測というプラン、最高ですね!

呉市かまがり天体観測館 (呉市)

最後に紹介するのは広島県立県民の浜にある施設の一つ、呉市かまがり天体観測館です。

広島本土から下浦刈島、上浦刈島に渡った南東に位置し、広島市内からは有料道路で約1時間ほどかかります。

どこを見ても満天の星空、最っ高ですね!

名称呉市かまがり天体観測館
住所広島県呉市蒲刈町大浦8160
駐車場無料駐車場あり 約100台分
特徴有料定例観望会  大人200円 子供100円
(2020年のペルセウス座流星群観測会は大人500円)
休館日 月曜・火曜
近隣宿泊施設、温泉あり
地図Google Mapで見る

駐車場は広く、24時間入れるので駐車場から観測する事ができます。

土曜日には定例観望会などイベントも定期的に開催しているので、そちらに参加するとより詳しく見る事ができます。

近くには海水浴場や宿泊施設、温泉もあるので、朝から晩まで遊ぶ事ができますね!

海水浴をして温泉で温まって、寝る前に流星群観測…

ものすごくいい夢見れそうですね〜。

定例会やイベント以外の利用には予約が必要なので事前にお問い合わせくださいね。(0823-66-0925)

施設内は明かり厳禁なので、十分ご注意を!

まとめ

2021年のペルセウス座流星群広島県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は7月下旬から見れるが、8月12日夜から13日未明、または13日夜から14日深夜が見頃の時間帯
  • 流星群は基本的にどの方角でも見える、北東を中心に広く空を見るのがポイント

広島県の明かりが少なく星が見やすいオススメスポット3選は

  • 星降る展望台(呉市)
  • 道の駅 豊平どんぐり村(山県郡北広島町)
  • 呉市かまがり天体観測館(呉市)

といった感じです!

今年は過去数年で最もキレイにペルセウス座流星群が観れるかもしれない貴重な年なので、皆さんの期待も大きいことでしょう。

お住まいの地域に近い場所でペルセウス座流星群を見に行ってみてくださいね。

コロナが落ち着いて皆でワイワイ流星群の観測が楽しめるようになってると良いですね。

今回は以上です!ありがとうございました〜。

流星群観察に何持ってけばいいの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました