【2021年】ペルセウス座流星群兵庫県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介! 

ペルセウス座流星群 兵庫 見頃 時間帯 方角 おすすめスポット 流星群

こんにちは!

オシャレな街で有名な兵庫県ですが、自然と町の距離が近いので、夜景が綺麗に見えて、天体観測も出来るスポットがたくさんあるんです。

そして、2021年はペルセウス座流星群が好条件で観測できる超絶ラッキーな年なのです!

この記事では

  • ペルセウス座流星群の兵庫県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 兵庫県でペルセウス座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容でまとめています。

結論から言うと、ペルセウス座流星群は兵庫では8月13日午前4時ごろに極大となり、前後数時間にわたり活発に見られると予測されます。

どの方角でもまんべんなく見えますので、12日夜中〜14日深夜までの時間帯を狙いましょう!

オススメスポットについては、街灯が少なく星が見やすいところを紹介します!

【2021年】ペルセウス座流星群兵庫県の見頃時間帯や方角

2021年のペルセウス流星群は、7月下旬から8月下旬にかけて活発になり、8月13日午前4時頃(前後する場合があります)に極大(ピークの見頃)となる予想です

時間帯は兵庫県であっても大きく変わりはないですね。

見頃のタイミングは、12日夜から放射点が高く昇る13日未明、または13日夜から14日深夜になります。

ちょうどお盆でお休みのタイミングです!夜中まで起きてても大丈夫ですね!笑

今年は月齢が4、つまりめちゃくちゃ細い三日月くらいの時期にピークの見頃を迎えます。

なので月明かりがほぼなく、空が暗い状態のため流星群がよりキレイに観測できるというワケなんですね!

こんなに良い条件でペルセウス座流星群が観れるのは実に8年ぶりとのこと。

これはなかなかない観測チャンスですよ〜!

また、兵庫県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えるんです!

へぇ〜と思ったそこのあなた!私も思いました。笑

ペルセウス座流星群は、全天にまんべんなく流れるのが特徴なんですね。

流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

見えにくい場合は放射点のある北東の空を中心に、ひろ〜く見てみてくださいね。

【2021年】ペルセウス座流星群 兵庫県のおすすめスポット3選

2021年のペルセウス座流星群を兵庫県で見るのにおすすめのスポットとして、街灯が少なく星が見やすいところを3つあげています。

猪名川天文台(川辺郡猪名川町)

1つ目に紹介するのは、猪名川天文台です。

大阪から車で約70分、神戸市からは約90分で行く事ができます。

激写!こんな流星一度でいいから見てみたいですね〜!

概要を表にまとめておきます。

名称猪名川天文台
住所兵庫県川辺郡猪名川町柏原尾野ヶ嶽1-1 
駐車場無料駐車場あり 50台分
特徴・星空観測の有名なスポット
・阪神地域で最も標高が高い
地図Google Mapで見る

有料天文台に入れるのは木・金・土日祝の13:30〜21:30までなので、それ以降での観測は駐車場からがお勧めです暗いので懐中電灯が必要です。

山頂でも観測は可能ですが、駐車場の方が暗いので流星が見つけやすいです。

山道は街灯が一切ありません。シカなどの野生動物の飛び出しもありますので、落ち着いて安全運転で向かってくださいね。

お一人では心細いと思いますので、お仲間連れでぜひ行ってみてください!

砥峰高原 (神崎郡神河町)

2つ目は砥峰高原です。

姫路から車で約1時間でいける、都心からは割と近い高原です。

こんな星空、ず〜っと見ていたいですね!

概要はこちらです。

名称砥峰高原
住所兵庫県神崎郡神河町川上
駐車場駐車場あり  車500円
特徴・ススキの名所
・「ノルウェーの森」「平清盛」他大河のロケ地
地図Google Mapで見る

駐車場からも見えるのですが、遊歩道からの観測が雰囲気が出て素敵です。

駐車場も暗いので、入る時の段差にご注意ください。

高原内には水辺があります。

踏み外してハマらないように、観測の邪魔にならない程度に足元を照らして気をつけて歩いてください。

自販機はありませんので、飲み物は事前に調達しておく方が良いですね。

9月下旬〜11月上旬には辺り一面にススキが広がり、色の移り変わりも楽しめますよ。

天体観測以外でも訪れてみたいですね〜。

三田市野外活動センター (三田市)

3つめは、三田市野外活動センターです。

三田市からは車で約22分ほどでいけます。

天体観測所が設置されていて、流星群観察にもピッタリのスポットです。

カッコいい星空ですね〜。もちろん綺麗なのですが、ここはカッコいいと言いたいです!

名称三田市野外活動センター
住所兵庫県三田市小柿949
駐車場駐車場あり 約40台分
特徴・施設利用料 200円  受付時間 9:00〜17:00
・天体観測所、宿泊施設あり
地図Google Mapで見る

日中はバーベキューやキャンプなど、ファミリーやグループで賑わっています。

施設利用料が必要なので、受付で支払いが必要です。

学びながら観測ができる天体観測所(有料要予約)の利用も可能なので、宿泊も併せて利用される方が、より充実した流星群観測になりますよ!

受付の空いていない夜間は入れない事があるのでご注意下さい。

まとめ

2021年のペルセウス座流星群 兵庫県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は7月下旬から見れるが、8月12日夜から13日未明、または13日夜から14日深夜が見頃の時間帯
  • 流星群は基本的にどの方角でも見える、北東を中心に広く空を見るのがポイント

兵庫県の星が見やすいオススメスポット3選は

  • 猪名川天文台(川辺郡猪名川町)
  • 砥峰高原 (神崎郡神河町)
  • 三田市野外活動センター(三田市)

といった感じです!

今年は過去数年で最もキレイにペルセウス座流星群が観れるかもしれない貴重な年なので、皆さんの期待も大きいことでしょう。

お住まいの地域に近い場所でペルセウス座流星群を見に行ってみてくださいね。

コロナが落ち着いて皆でワイワイ流星群の観測が楽しめるようになってると良いですね。

今回は以上です!ありがとうございました〜。

流星群観察に何持ってけばいいの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました