【2021年】ペルセウス座流星群栃木県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

ペルセウス座流星群 栃木 見頃時間帯 方角 おすすめスポット 流星群

こんにちは!

ペルセウス座流星群の季節が近づいてきていますね。

今年は8年ぶりとも言われる好条件でたくさんの流星が期待できそうです。

山々に囲まれ、高原リゾートや夏の避暑地としても有名な栃木県には、星の観察にぴったりと言えるスポットがたくさんあります!

この記事では

  • ペルセウス座流星群の栃木県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 栃木県でペルセウス座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容でまとめています。

結論から言うと、ペルセウス座流星群は栃木県では8月13日未明、または13日夜から14日深夜がピークで、基本的にはどの方角でも見ることができます。

オススメスポットについては、首都圏からアクセスが便利で星空を満喫できる場所を3つ紹介します!

【2021年】ペルセウス座流星群栃木県の見頃時間帯や方角

2021年のペルセウス流星群は、7月下旬から8月下旬にかけて活発になり、8月13日午前4時頃(前後する場合があります)に極大(ピークの見頃)となる予想です。

時間帯は栃木県であっても大きく変わりはないですね。

見頃のタイミングは、12日夜から放射点が高く昇る13日未明、または13日夜から14日深夜になります。

ちょうどお盆でお休みのタイミングです!夜中まで起きてても大丈夫ですね!笑

今年は月齢が4、つまりめちゃくちゃ細い三日月くらいの時期にピークの見頃を迎えます。

なので月明かりがほぼなく、空が暗い状態のため流星群がよりキレイに観測できるというワケなんですね!

こんなに良い条件でペルセウス座流星群が観れるのは実に8年ぶりとのこと。

これはなかなかない観測チャンスですよ〜!

また、栃木県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えるんです!

へぇ〜と思ったそこのあなた!私も思いました。笑

ペルセウス座流星群は、全天にまんべんなく流れるのが特徴なんですね。

流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

見えにくい場合は放射点のある北東の空を中心に、ひろ〜く見てみてくださいね。

【2021年】ペルセウス座流星群栃木県のおすすめスポット3選

2021年のペルセウス座流星群を栃木県で見るのにおすすめのスポットとして、首都圏からアクセスが便利で星空を満喫できる場所を3つあげています。

戦場ヶ原(日光市)

1つ目に紹介するスポットは日光市にある戦場ヶ原です。

ラムサール条約に登録されている湿原で四季折々の風景が楽しめます。

日光宇都宮道路の清滝ICから40分ほどで、首都圏からですと3時間ほどで行くことができます。

息を吞むような満点の星ですね!

概要を表にまとめておきます。

名称戦場ヶ原
住所栃木県日光市中宮祠
駐車場・赤沼駐車場 160台
・三本松園地駐車場 200台
特徴・関東屈指の星空観察スポット
・ラムサール条約登録の湿原
・標高1400m
地図Google Mapで見る

標高が1400mと高く周囲には遮るものが何もありません。

星空がとても綺麗に見えることから、プロの写真家も訪れる関東屈指の天体観測スポットです。

広くて大きな駐車場が2か所あり、トイレや自動販売機もありますから夜でも安心です。

じっくりと夏の夜空を見上げて流星群を満喫したいですね!

大丸園地 (那須町)

2つ目に紹介するスポットは、那須町の大丸園地(おおまるえんち)です。

東北自動車道那須ICから35分ほどの、那須温泉郷の中で最も高い場所にあります。

少しずつ表情を変える星空のグラデーションが美しすぎますね。

概要はこちら。

名称大丸園地
住所栃木県那須郡那須町大字湯本
駐車場約160台分
特徴・那須高原の中でも展望が良いスポット
・標高1250m
・すぐそばの那須大丸ガーデンは日帰り入浴も可能
地図 Google Mapで見る

標高1250mと那須高原の中でも高い位置にあり、光害もほとんどありません。

広い駐車場そばの旅館には温泉もあり、展望台・トイレも完備されています。

展望台からは満点の星空と、迫ってくるような那須岳、朝日岳の勇壮な姿も眺めることができます。

仲間と出かけて、昼間に那須ならではの温泉やトレッキングを楽しみ、夜は降り注ぐような星を眺めながらゆっくりと過ごす。

日ごろの疲れを忘れて最高にリラックスできそうなプランですね!

ツインリンクもてぎ  森と星空のキャンプヴィレッジ (茂木町)

3つ目に紹介するスポットは茂木町に新しく誕生した、ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジです。

日本有数のサーキット場を中心としてさまざまな施設があるモビリティテーマパーク「ツインリンクもてぎ」内のキャンプ場です。

常磐自動車道水戸北ICから車で30分ほどで到着します。

山々と星空に囲まれて綺麗ですね!

名称ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ
住所栃木県茂木町桧山120-1
駐車場6000台
特徴・国内有数のサーキット場そばのキャンプ場
・東京ドーム137個分の広大な敷地
・アクティビティも楽しめる
地図Google Mapで見る

サーキット場という特殊な場所もあって、周囲には民家等の明かりがまったくありません。

また高い樹木もなく視界が遮られないため、流星群観察に最適な条件がそろっています。

自分でキャンプを張ることもできますし、手ぶらでバンガローやグランピングサイトに宿泊も可能ですよ!

友達やご家族と一緒にキャンプで焚き火を囲んで、語りながら夜空と流星群を眺める。

夏の忘れられない思い出ランキング1位間違いなしですね!

まとめ

2021年のペルセウス座流星群栃木県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は7月下旬から見れるが、8月12日夜から13日未明、または13日夜から14日深夜が見頃の時間帯
  • 流星群は基本的にどの方角でも見える、北東を中心に広く空を見るのがポイント

栃木県の、首都圏からアクセスが便利で星空を満喫できるオススメスポット3選は

  • 戦場ヶ原 (日光市)
  • 大丸園地(那須町)
  • ツインリンクもてぎ  森と星空のキャンプヴィレッジ (茂木町)

といった感じです!

今年は過去数年で最もキレイにペルセウス座流星群が観れるかもしれない貴重な年なので、皆さんの期待も大きいことでしょう。

お住まいの地域に近い場所でペルセウス座流星群を見に行ってみてくださいね。

コロナが落ち着いて皆でワイワイ流星群の観測が楽しめるようになってると良いですね。

今回は以上です!ありがとうございました〜。

流星群観察に何持ってけばいいの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました