【2021年】ペルセウス座流星群鳥取県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

ペルセウス座流星群 鳥取 見頃時間帯 方角 おすすめスポット 流星群

こんにちは!

鳥取県は環境省などが実施した全国星空継続観察「星の見えやすさ」で12回も全国1位に輝いた実績があるんですが、知っていましたか?

2021年は8年ぶりにペルセウス座流星群の観測状況が良く、幸運な年と言われていいます!

せっかくなら星のたくさん見える県、鳥取で流星群観測したいですよね。

この記事では

  • ペルセウス座流星群の鳥取県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 鳥取県でペルセウス座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容でまとめています。

結論から言うと、ペルセウス座流星群は鳥取県では8月13日午前4時ごろに極大となり、前後数時間にわたり活発に見られると予測されます。どの方角でもまんべんなく見えますので、12日夜中〜14日深夜までの時間帯を狙いましょう!

オススメスポットについては、明かりが少なく星が見やすいところを紹介します!

【2021年】ペルセウス座流星群鳥取県の見頃時間帯や方角

2021年のペルセウス流星群は、7月下旬から8月下旬にかけて活発になり、8月13日午前4時頃(前後する場合があります)に極大(ピークの見頃)となる予想です

時間帯は鳥取県であっても大きく変わりはないですね。

見頃のタイミングは、12日夜から放射点が高く昇る13日未明、または13日夜から14日深夜頃になります。

ちょうどお盆でお休みのタイミングです!夜中まで起きてても大丈夫ですね!笑

今年は月齢が4、つまりめちゃくちゃ細い三日月くらいの時期にピークの見頃を迎えます。

なので月明かりがほぼなく、空が暗い状態のため流星群がよりキレイに観測できるというワケなんですね!

こんなに良い条件でペルセウス座流星群が観れるのは実に8年ぶりとのこと。

これはなかなかない観測チャンスですよ〜!

また、鳥取県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えるんです!

へぇ〜と思ったそこのあなた!私も思いました。笑

ペルセウス座流星群は、全天にまんべんなく流れるのが特徴なんですね。

流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

見えにくい場合は放射点のある北東の空を中心に、ひろ〜く見てみてくださいね。

【2021年】ペルセウス座流星群鳥取県のおすすめスポット3選

2021年のペルセウス座流星群を鳥取県で見るのにおすすめのスポットとして、明かりが少なく星が見やすいところを3つあげています。

鳥取砂丘(鳥取市)

1つ目に紹介するのは、皆さんご存知の鳥取砂丘です。

日本海岸、南北2.4km, 東西16kmに渡って広がる日本一広い砂丘です。

最寄りの福部ICからは車で約10分ほどで行けます。

空が広いですね〜!砂丘で見る星空は想像もつかないほどキレイでしょうね!

概要を表にまとめておきます。

名称鳥取砂丘
住所鳥取県鳥取市福部町湯山2164−661
駐車場無料駐車あり 各所およそ30台程度
市営浜坂駐車場 無料 トイレあり
特徴・鳥取県のシンボル
・天然記念物に指定
地図Google Mapで見る

ウェディング写真の撮影でもよく使われている鳥取砂丘。

砂丘に向かう道中でも星空が見えるくらい、視界が広く見やすいのです!

砂丘入り口も星が見えますが、道中至る所に駐車スペースがありますので、見やすい場所を探してみてください。

街灯はほぼありませんので、歩く際には懐中電灯が必須ですね。

寝そべっても見られますが、砂丘は広いのであまり遠くに行かない事と、風の強い時は寝そべると砂がかかるので注意が必要です。

砂丘と流星群の素敵な1枚を撮りたいですね!

さじアストロパーク(鳥取市)

2つ目は、さじアストロパークです。

天文台など施設が充実しており、天体・宇宙について学ぶことができます。

鳥取自動車道「用瀬PA」から 、車で約20分ほどで行けます。

天文台がある場所なので、見やすさ抜群ですね!

概要はこちらです。

名称さじアストロパーク
住所鳥取県鳥取市佐治町高山1071-1
駐車場無料駐車場あり 約70台分
特徴入館料 高校生以上300円
星空観察会 小中学生200円 高校生以上300円
103cm反射望遠鏡(国内第8位)
近隣宿泊施設あり
地図Google Mapで見る

国内第8位の大きさの大型望遠鏡で見る星空観察会予約制ですが、一生の思い出になること間違いなし!

宿泊施設も少しだけありますので、ゆっくりと観測したい方は利用してみてください。

予約が出来なかった…という方は駐車場からでも見られますので、試して見てくださいね!

お土産としてミニ隕石の販売もあったり、宇宙・星好きさんにはたまらない施設です!

南光河原駐車場(西伯郡大山町)

最後に紹介するのは、南光河原駐車場です。

自然遺産大山(だいせん)の登山の起点と言われており、自然あふれる場所で、大山町全体は地元でもよく知られる天体観測スポットです。

溝口ICから車で約15分程のところにあります。

夜空一面に瞬く星…大山との対比も素晴らしいですね!

概要はこちら。

名称南光河原駐車場
住所鳥取県西伯郡大山町大山48-1
駐車場無料駐車場 約50台分(冬季1日1000円)
特徴・標高767m
・トイレあり
・24時間出入庫可能
地図Google Mapで見る

24時間出入庫可能なので、車中泊もできます。

登山に慣れている方は、ナイトハイク(夜間登山)で標高1700mの頂上から流星群を見るのにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

人生最高の思い出になること間違いなしです!

登山未経験者や不安な方は、駐車場からの観測も十分美しいのでご安心ください。

くれぐれも無理のない場所で観測してくださいね!

まとめ

2021年のペルセウス座流星群鳥取県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は7月下旬から見れるが、8月12日夜から13日未明、または13日夜から14日深夜が見頃の時間帯
  • 流星群は基本的にどの方角でも見える、北東を中心に広く空を見るのがポイント

鳥取県の明かりが少なく星が見やすいオススメスポット3選は

  • 鳥取砂丘(鳥取市)
  • さじアストロパーク(鳥取市)
  • 南光河原駐車場(西伯郡大山町)

といった感じです!

今年は過去数年で最もキレイにペルセウス座流星群が観れるかもしれない貴重な年なので、皆さんの期待も大きいことでしょう。

お住まいの地域に近い場所でペルセウス座流星群を見に行ってみてくださいね。

コロナが落ち着いて皆でワイワイ流星群の観測が楽しめるようになってると良いですね。

今回は以上です!ありがとうございました〜。

流星群観察に何持ってけばいいの?という方はこちらの記事も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました