【2021年】ふたご座流星群滋賀の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、なが〜い雨で滋賀ではほとんど見れませんでしたよね。

8年ぶりに好条件での観測が期待されていただけに非常に残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の滋賀での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 滋賀でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の滋賀での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、大津や草津からアクセスしやすいところを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群滋賀の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、滋賀でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群滋賀おすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を滋賀で見るのにおすすめのスポットとして、中心部(大津や草津)からアクセスしやすいところを3つあげています。

白鬚神社(高島市)

1つ目に紹介するのは白鬚神社です。

大津市から車で30分、草津市から1時間ほどの距離にあり比較的行きやすいです。

パワースポットとしても有名で、昼間に行っても湖岸に浮かぶ鳥居をはっきりと見られるので素敵です。

余裕があればぜひ参拝してみてください!

鳥居と星空、幻想的でロマンチックです〜。

概要まとめています!

名称白髭神社
住所滋賀県高島市鵜川215
駐車場30台分 無料
特徴国道沿いで交通量が多め
鳥居は琵琶湖側、駐車場は神社のある山側にあり
地図Google Mapで見る

表示の看板は1つあったような気がしますが、うっかりしていると見逃してしまいます。

琵琶湖に気を取られない様に注意して走行してくださいね。

また、道路を渡って鳥居を間近で見に行く人がいますのでご注意ください。

堅田より北の方は雪が積もりやすく、高島市は例年よく積もっています。

スノータイヤの準備と防寒対策は忘れずにしておきましょう!

比叡山ドライブウェイ 登仙台駐車場

2つ目は比叡山ドライブウェイ内にある駐車場です。

大津市から20分ほどで入山できます。

山を登っていくので見晴らしはとても良く、天気が良ければ南西方向には京都市街を、南東方向には大津市街を見下ろすことが出来ます。

夜景スポットやデートスポットとしても有名です。

山の上からの眺めは流石の絶景ですね。

概要はこちら。

入り口が2箇所あり、どこまで入山するかで入山費用が異なります。

名称比叡山ドライブウェイ 登仙台駐車場
住所京都府京都市左京区一乗寺延暦寺山
駐車場40台分 8月は7:00〜24:00(最終23時入場)
特徴積雪状況によりタイヤ規制、通行止めなどの規制がかかる場合あり
<比叡山ドライブウェイ>
夢見が丘又はホテル前検札所→田の谷峠料金所(往復) 二輪車:580円/軽・乗用車:860円 
延暦寺(東塔)又は比叡山頂P→田の谷峠料金所(往復) 二輪車:1,160円/軽・乗用車:1,700円
<奥比叡ドライブウェイ> 延暦寺~仰木(片道) 二輪車:1,100円/軽・乗用車:1,570円
地図Google Mapで見る

車のライトを頼りに進む感じの暗さで、こちらも気をつけないと駐車場を見逃してしまいます。

ヘアピンカーブがいくつもあるのでとにかく安全運転で!!!本当に暗いです。

冬は路面凍結がよくありますのでスノータイヤが必須です!スノータイヤでも滑る場合がありますので、スピードは出しすぎないようにしましょう。

また積雪状況によっては通行止めなどの規制がかかることもあります。

SNSや電話で事前に情報を確認しておきましょう!

入山の範囲によって料金が変わるので、事前にしっかりと下調べをしてから入山してください。

入山せずとも辺りは真っ暗なので、わりかし夜空は綺麗です(笑)

湖岸緑地(大津市、草津市、守山市)

3つ目は琵琶湖周辺の湖岸緑地ですね。

近江大橋から琵琶湖大橋までの東側湖岸道路横に、無料駐車場付きの広場がいくつもあります。

概要に載せている地図の場所は草津市から車で15分、大津市から30分ほど。

夏場の日中はバーベキューやキャンプで賑わっていますよ。

丁度中間地点の草津市にある烏丸半島は、イナズマロック開催地としても有名な今アツい場所です。

琵琶湖沿いなので遮る物がなく、星空がよく見えます!

概要まとめています。

名称湖岸緑地
住所大津市〜守山市
駐車場場所によるが約20台前後 24時間無料開放
特徴トラックやロードバイクなど交通量多い
近隣には琵琶湖博物館あり
地図Google Mapで見る

昼間はレジャー客で賑わいますが、夜間に駐車場が満車で停められないという事はまず無いでしょう。

湖岸道路にコンビニはほぼ無く、緑地帯にはトイレがある所とない所がありますので確認したほうが良いですね。

緊急事態宣言中には駐車場が閉鎖されますので、こちらも事前にご確認ください。

冬はコハクチョウなどが飛来し、バードウォッチングも楽しめます。冷たく強い風が吹きますので、耳当てや帽子などで顔の防寒対策も必要です。

※食べ物を持っているとトンビが空から取りにくるので注意です!!

まとめ

2021年のふたご座流星群滋賀の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

滋賀県の中心部(大津や草津)からアクセスしやすいなススメスポット3選は

  • 白髭神社(高島市)
  • 比叡山ドライブウェイ(大津市)
  • 湖岸緑地(大津市、草津市、守山市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!て感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

滋賀県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました