【2021年】ふたご座流星群富山県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、なが〜い雨で富山県ではほとんど見れませんでしたよね。

好い条件だったのでたくさんの流星が期待できると言われていたのですが・・残念でした。

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の富山県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 富山県でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の富山県での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、景観も楽しめてじっくり星空を観察するのにもぴったりなところを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群富山県の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、富山県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群富山県のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を富山県で見るのにおすすめのスポットとして、景観も楽しめてじっくり星空を観察するのにもぴったりなところを3つあげています。

相倉合掌造り集落(南砺市)

1つ目に紹介するスポットは南砺市にある相倉(あいのくら)合掌造り集落です。

五箇山ICからですと、国道156号線を通って車で20分ほどの場所にあります。

日本でもここでしか見られない茅ぶきの合掌造りが立ち並ぶ集落で、ユネスコの世界遺産に登録されています。

人気の観光地でもあり、夜は周囲が暗く星空が綺麗なスポットでもあるのです。

   

昔話に出てきそうな風景と星空です!!

名称相倉合掌造り集落
住所富山県南砺市相倉
駐車場70台分
特徴・ユネスコ世界遺産
・茅ぶき屋根の合掌造りが印象的
・古き良き日本と星空を堪能できる
地図Google Mapで見る

展望台なども整備されていて、宿泊施設もあります。どこか懐かしい日本の原風景と星空を堪能したいものですね!

ただし・・”集落”ということは、実際に住民の方が生活を営んでいる暮らしの場でもあります。

夜遅くまで騒ぐ等ご迷惑をかけないようにしましょう!

12月はもう雪が降り始める時期で、足元が滑りやすいところもあります。スノーシューズやスノーブーツなど、しっかりとした冬対策が必要です。

阿尾海岸 (氷見市)

2つ目に紹介するスポットは氷見市にある阿尾海岸(あおかいがん)です。

能登半島の付け根にある人工海岸で、釣り場として人気があるスポットです。

また、日本海とその向こうに浮かんでるように見える立山連峰を望みながら星空を満喫できる、穴場のビュースポットでもあるんですよ!

氷見駅から歩いて約10分、能越自動車道の氷見ICから20分と、アクセスも便利な場所です。

   

遠くにうっすら見える立山連峰がまた壮大さを際立たせますね。 

名称阿尾海岸
住所富山県氷見市阿尾563
駐車場20台分
特徴・釣り場として有名な海岸
・立山連峰も望める
・岸にトイレあり
地図Google Mapで見る

氷見市の阿尾海岸は、とても静かな場所です。海岸近くには温泉に入れる民宿も数軒あります。

打ち付ける波の音を聞き、海・山・そして流れ星をゆっくりと眺めたいものですね。

美しい大自然に囲まれていると、日ごろの疲れも消えていきます。

海沿いはとても冷え込みますのでマフラーやイヤマフ、帽子などで寒さをしのいでくださいね!

稲葉山(小矢部市)

3つ目に紹介するスポットは富山県の最も西にある小矢部市の稲葉山です。

小矢部ICから約30分ほどにある標高346mの山で、頂上には展望台が整備され、中腹には牧場が広がっています。

砺波平野と立山連峰を一望できるビュースポット、そして市民の憩いの場所としても人気の場所です!

 
     

尾の長い流星が印象的ですね!

概要はこちらです。

名称稲葉山
住所富山県小矢部市田川
駐車場20台分
特徴・標高346m
・夜景も楽しめる
・展望台はトイレ完備
地図Google Mapで見る

12月は積雪がないことが多い場所で、頂上まで道路が整備されていますので、車で行くことはそれほど問題なさそうです。

山頂展望台からはもちろんのこと、駐車場に停めた車中からも星空を堪能できますよ!

しかし標高が低いとはいえ、やっぱり山の上ですので夜は冷え込みます! 

ダウンコートやブーツなど着込んで、しっかりと暖かくして出かけましょう。

まとめ

2021年のふたご座流星群富山県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

富山県の 景観も楽しめてじっくり星空を観察するのにもぴったりなオススメスポット3選は

  • 相倉合掌造り集落 (南砺市)
  • 阿尾海岸 (氷見市)
  • 稲葉山(小谷部市)

といった感じです!

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!という感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

富山県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。


コメント

タイトルとURLをコピーしました