【2021年】ふたご座流星群長野県の見頃時間帯や方角は?おすすめスポット3選も紹介!

こんにちは!

8月のペルセウス座流星群、なが〜い雨で長野県ではほとんど見れませんでしたよね。

8年ぶりと言われていたほどの条件だったのですが、厚い雲に遮られてしまい残念でした泣

しかし今年はまだふたご座流星群もありますよ!

3大流星群の一つであるふたご座流星群、今年は条件はあまり良くないですが、もちろんチャンスはあります。

滅多に見られない流星群ですから、

  • 一番見頃の時間帯で見たい!
  • 周りにあかりのないいい感じの場所で見たい!

と思いますよね。あなたもきっとそうでしょう!

そこでこの記事では、

  • ふたご座流星群の長野県での見頃の時間帯はいつ?どの方角に見える?
  • 長野県でふたご座流星群が綺麗に見れるおすすめスポットはどこ?

という内容をまとめています。

結論から言うと、ふたご座流星群の長野県での見頃は12月14日の空が暗くなってから15日明け方にかけて、全方角で見ることが可能です!

月明りがあるため、月を視界に入れないように見てくださいね。

オススメスポットについては、標高が高く星空観測にオススメなところを紹介します!

【2021年】ふたご座流星群長野県の見頃時間帯や方角

2021年のふたご座流星群は、12月13日から15日にかけてが見頃と予想されます。

流星群が極大(ピーク)の時間帯は日本時間で12月14日の夕方頃で、まだ空が明るいためほぼ見ることが出来ません。

なので見頃のタイミングは、第一候補が12月14日の21時頃から15日明け方、第二候補が前日の13日21時頃から14日明け方までとなります。

ピークで見れないのは残念ですが、流星群が活発な時間は割と長く続くので期待したいですね。

また、長野県でどの方角が一番見れるのか、については、結論どの方角でも見えます!

ペルセウス座流星群と同様、流星は、放射点(流星の出どころ)を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えます。

放射点から遠いほど長い流星になって見えるので、空全体をひろ〜く見る感覚でいるのが観測の時のポイントです!

ただし、今年はピーク時12月14日の月齢が11なので、月明かりが比較的明るい日なんです。

つまりは月明かりで流星が目立たず、見えない可能性があるんですよね。

なので月が視界に入らない方角を見るのがベストと言えます。

月は夜中3時頃に沈むので、そこから5時前後までは観測のベストタイミングとなるでしょう。

夜中になると冷え込みはハンパないです、防寒対策は必須ですよ!

【2021年】ふたご座流星群長野県のおすすめスポット3選

2021年のふたご座流星群を長野県で見るのにおすすめのスポットとして、標高が高く天体観測におすすめななところを3つあげています。

三本滝駐車場(松本市)

1つ目に紹介するのは松本市にある乗鞍高原です。

三本滝駐車場へは、松本市の中心部より国道158号を通って約1時間30分ほどの道のりです。

   

天の川が幻想的でめちゃ美しいですね〜。

概要を書いておきます。

名称乗鞍高原三本滝駐車場
住所長野県松本市安曇乗鞍高原
駐車場無料 70台分
特徴・標高:約1800m 
・日本の滝百選「三本滝」の起点
・近くに休暇村やゲストハウスあり
地図Google Mapで見る

近くには、善五郎の滝や牛溜池など風光明媚なスポットも多くあります。

スキー客向けの宿泊施設も多く、温泉も楽しめますよ〜。

道路は整備されていますが、自家用車の方は冬タイヤに換えておいてくださいね!

野辺山高原 平沢峠(南牧村)

2つ目に紹介するのは南牧村にある野辺山高原です。

平沢峠へは、須玉インターチェンジより車で約30分ほどの道のりですね。

 

少ない街灯で星空の美しさが際立ってますね〜。

概要はこちら。

名称野辺山高原 平沢峠
住所長野県南佐久郡南牧村平沢峠
駐車場無料 40台分
特徴・標高:約1450m 
・近くに国立天文台 野辺山宇宙電波観測所あり
・「日本三選星名所」の一つ
地図Google Mapで見る

野辺山高原は小海線野辺山駅からも徒歩で30分ほどで行ける人気の高い天体観測スポットです。

野辺山高原では、冬でも星空観賞会を開催しているホテルやペンションもあり、気軽に星空を楽しむことができます。

12月は初冠雪の時期となります。車で行かれる場合は、スタッドレスタイヤ、もしくはチェーンは必須です!

日本一の星空 浪合パーク(阿智村)

3つ目に紹介するのは阿智村にある日本一の星空 浪合パークです。2018年にオープンした星空観測のための施設です。

中央自動車道園原IC、飯田山本ICから約25分ほどの道のりなので、都心からでもアクセスが便利です!

 

くっきりとふたご座流星群が見えていますね!

概要はこちらです。

名称日本一の星空 浪合パーク
住所長野県下伊那郡阿智村浪合1192-356
駐車場無料 100台分
特徴・標高:約1200m 
・環境省「星が最も輝いて観える場所」1位に認定
・天体観測の器材レンタルあり
地図Google Mapで見る

パーク内には自由に観測ができる星空デッキがあり、星空観賞会は毎晩開催されています。

また、天体観測や撮影のための機材レンタル、レジャーシート、軽食などの販売など、安全に朝まで星空を観測できる環境がばっちり整っていますよ。

まさに至れり尽くせりですね!

レンタルできると言っても、カイロや毛布など防寒のための道具は持参しておきましょう!

まとめ

2021年のふたご座流星群長野県の見頃時間帯や方角・おすすめスポットについて紹介してきました。

まとめとしては、

  • 流星群は12月13日〜15日にかけて見える、見頃は14日21時頃から15日明け方まで
  • 流星群は基本的にどの方角でも見えるが、月明かりがあるため月を視界に入れないのがポイント

長野県の 標高が高く星空観測にオススメスポット3選は

  • 乗鞍高原三本滝駐車場(松本市)
  • 野辺山高原平沢峠(南牧村)
  • 日本一の星空 浪合パーク(阿智村)

ペルセウス座流星群を楽しみにしていた方にとっては今年は大変残念な年でしたよね。

是非ともふたご座流星群でリベンジをしたい!という感じでしょう。

極大のタイミングは難しいですが、バッチリ観測して2021年の星空鑑賞を締めくくりたいですね。

長野県内に住んでいる方もそうでない方も、お住まいの地域に近い場所でふたご座流星群を見に行ってみてくださいね。

何度も言いますがくれぐれも防寒対策は怠らないように!

今回は以上です!ありがとうございました〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました